Acuティック
新しい美容施術「"抜き"美容」

自宅やサロンにて簡単に美容シン(雑貨)
文字の量・大きさによってレイアウトが崩れる場合がございます
Acuティック

漢方鍼灸の世界で学術的権威
がある世界団体の理事が開発

こんな方にオススメです

  • 自宅で毎日東洋医学的美容刺激をしたいと考えている一般の方(刺す鍼は怖い方含)。
  • サロンを経営していて新たな刺激方法や東洋医学的な考えを取り入れてみたいと考えておられる先生。
  • 鍼灸院を経営していてメニューで美容鍼灸をされている先生や今後メニュー化をしようと考えている先生。
  • 何回か美容鍼を受けに行ったけれど効果がわからないと感じた方。何日か後にすぐ元の顔に戻ってしまい継続性が感じられなかった方(合間のメンテが重要になります)。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

サロンでご使用になる場合

自宅でご使用になる場合

東洋医学的美容

①東洋医学的に邪魔しているであろう要素を取り除く(イメージ)
東洋医学の中の鍼治療は経絡(いわゆる気の流れているところ)を中心に考え、東洋医学的診断や鍼処置を行ないます。その経絡を山道で例え、山道の一本道で一台しか車が通れないにもかかわらず倒木が道をふさいでいたら車は通れません。この車を経絡を流れている「気」と考えたとき、体を健康にするための鍼処置やお顔を美しくするための鍼美容処置はこの山道(経絡)をふさいでいる倒木をまず撤去しなければ車(経絡の気)は先に向かうこと(効果的に作用すること)が出来ません。この倒木を東洋医学で例えると「いわゆる邪気」に相当します。まず健康にそして美しくなるためには「いわゆる邪気」に対応していかなければなりません。ここでの例え話で言うところの「倒木の撤去(いわゆる邪気を取り除く事)」をしなければなりません。ただこの処置には専門的な知識や技術が必要です。

今回開発したAcuティック「抜きタイプ」では専門的知識は必要なく「ここ何か触っていやな感じがするな!」という所に当てて軽く叩打して頂きますと、その後の「入れる」「流す」の処置をしたとき鍼灸師ではない方が行っても変化をするように臨床を重ね改良し完成致しました。多くの鍼灸師の先生に「抜き」を体験して頂き変化する事を体感し確認して頂くことができました。しかし鍼灸師の先生以外の方々に体験して頂いた場合「抜き」の意味はわからないし感じることは出来ないけど、1番最初に行う「抜き」の処置をしたときと、「抜き」を行わずに2番の「入れる」から始めた場合では全くお顔の変化(できあがり)が違うという声を多く頂きました。
②邪魔しているであろう要素を取り除いた(イメージ)後施術する
鍼処置はイメージが重要な鍵を握ります。なぜならば「邪気」は見えるものではありません。ただし皮膚を触っていくと(医療の中で言う触診に当たる)汗に触れた感覚、汗ではなくオイリーな感覚、ネチョッとしていて指を滑らせていくと粘性や接着感が強く指が止まる場所があります。この場合は東洋医学でいう湿邪という邪気が考えられます。日本の場合海に囲まれていますので、体が不調になった場合「水」の問題が大きく関与している場合が多いと考えられます。漢方の世界においても「水毒」という言葉がよく使用されます。又、中国では「難病は痰が影響する」と考えられています。日本漢方でいう所の水毒に当たります。皮膚を確認するときのポイントは、指を滑らせ皮膚が濡れている場合指が止まらなければ「汗や脂」で、指が止まるようであれば「湿邪」の存在が考えられます。

①の両側陥凹しているAcuティック「抜きタイプ」で指が止まるところを処置して、その後指が止まらなくなったことを確認してから「入れる」「流す」処置に進んで行きます。このとき「抜きタイプ」で処置後まだ指が止まるような場合は「流すタイプ」のAcuティックにて追加処置を行いますが、詳しくは動画にてやり方をご説明します。そして指が止まらなくなってから「入れるタイプ」を用いて気を入れるイメージにて軽く叩打します。この段階で多くの場合、額や目や鼻の周辺に艶が出てくることが多く、その後「流すタイプ」を用いて気を流すイメージで軽く皮膚に接触しながら丸い部分を滑らせます。その後2本を用いてお顔を仕上げていきます。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

Acuティックで出来ること

■■■自宅やサロンで簡単東洋医学的美容刺激■■■
現在鍼灸業界では刺さない鍼「てい鍼」が過去には無いくらいブームとなっています。本製品開発者は10年前からプロである鍼灸師向けの「てい鍼」を設計し販売を始めました。講演等600回以上の実績があり、設計した「てい鍼」は30種類を超え10年前に販売し始めた「てい鍼」はいまだに売れ続けています。刺さない鍼「てい鍼」の効果は高いのですが、鍼灸院へ行くこと自体ハードルが高く、もっと一般の方々に安全に効果的な「刺激具(雑貨)」の販売が出来ないかを模索していました。そこで10年の設計及び販売実績から、形状や素材が安全で効果的な刺激具(雑貨)の開発することが出来ました。


【Acuティックで出来ること】
開発者は中国の大学の大学院博士課程に在籍し血管病の専門教授のもとに在籍しています。顔は心の華(色や艶)という東洋医学的考えがあります。又、心は血脈を主る(血と脈を管理する)と言われ全身の血脈は心に属するとされます。血管病の研究をしていて「お顔」の重要性を認識、健康管理にはお顔の刺激が重要であることを再認識。臨床経験と研究結果とが一致する事が多く、本製品の開発をすすめてきました。

※ここで言う「心」は、東洋医学で言う五臓(肝・心・脾・肺・腎)の中の臓の一つです。心は血脈を主ると言われますが、そのほかに意識や精神活動も管理しています。この五臓の漢字をよく見ると、心だけ「月(にくづき)」がありません。他の四臓には月(にくづき)がついています。「にくづき」とは肉体をさし、心には月(にくづき)がないことから肉体ではなく精神の状態も管理しています。

顔面部は血脈が豊富なため、心の状態は顔の色艶に現れやすい。よって心の機能が正常か否かは顔の色艶の変化で判断できる。又、顔には各臓腑が該当する反応点が存在している。「逆説的」に考えると、全身の状態が顔で判断出来るとも考える。心の状態、体の状態、もちろん全身の血流のある程度の判断及び判断材料になると考えられる。実際33年の臨床の中でこの11年お顔に必ず刺激を行った結果、多くの患者さんの口から出る言葉は「最近夏ばてしなくなった」と言われます。それだけお顔に刺激する事で得られる体への影響は大きいといえます。ただし適切に刺激が行えるかどうかは重要です。

本製品は注意を守って頂ければ多くの方々に安全にお使い頂けるものに仕上がりました。お使い頂けると開発者として本当に嬉しいです。

皆様の美と健康の一部にAcuティックを取り入れてみてください。
使用方法
Acuティックの使用方法
※Instagram(リール動画)にて動画を投稿していきます。そちらを参考にして頂きながら自分に合わせてセルフケアの一つとしてご使用頂いたり、エステサロンにてお客さんに、鍼灸院にて患者さんの状態に合わせてご使用ください。
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
注意事項
  • お顔の皮膚や筋肉に負担がかからないよう形状には細心の注意をし設計致しました。
  • 経験的にもお顔の皮膚に負担が極力かかりにくいよう素材はチタンにて製品化致しました。
  • Acuティックは医療器具ではなく「雑貨」として製品化致しました。
  • お肌に異常が現れてきた場合は使用を一時中断または使用を中止してください。
  • お顔はデリケートですので、低刺激を心がけてください。低刺激でも効果が出やすいよう形状を考え製品にいたしました。
  • 顔の青白いなど、一般的に表現される虚弱体質な方やそう見える方に関しては、「抜き」刺激は行わず、2~4の手順を低刺激で行うかご購入はお控えください。
  • Acuティックは医療器具ではなく、家庭で出来る体への刺激具(雑貨)です。
  • 当ホームページの製品に刻印している文字は「Acutic」となっていますが、皆様のお手元に届く製品の刻印は「Acuティック」となることをご了承頂ける方のみご了承下さい。
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

購入の流れ

Step.1
販売店にお電話を
本ページ下にあるリンクボタンからお入りください
Step.2
ご支援よろしくお願いいたします
想いに賛同して頂けましたらご支援お願い致します
Step.3
クラウドファンディング終了後発送
2月発送予定(鍼灸師の先生で支援終了画面を提示ご連絡頂けた場合発送が早まる場合があります)。
Step.1
見出し
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

Acuティック(チタン製品)価格

現在は販売では無くクラウドファンディングのみのご提供となっております
現在Acuティックは通常販売はしていません。クラウドファンディングリターン品としてのみお手に取って頂く事が可能です。クラウドファンディングページへは本ページ最後にあるリンクボタンからお入りください。

又、Acuティックの使い方に関してのセミナーや講習会にご参加頂かなくてもご使用頂けるように「動画(セミナーの代わり)学習費無料」にて使い方を公開いたします。Acuティックの価格の中に全て含まれていますので、これ以上の費用は発生いたしません。
  • 23,100円(税込)→2月~33,000円(税込)
  •   
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
  • 販売価格
  • 1,000円
  • (税込み)

特徴及び使用手順

①邪魔な要素を抜く(イメージ)

先端が両方共に凹んでいる方を使用
顔の皮膚の中で指が止まる場所や、何かここおかしい!という場所にAcuティック「抜き」を当て指で軽く叩打(邪気を抜くイメージで)します。
手順 1

②気を入れる(イメージ)

先端が傾斜約30度の円錐になっている方を使用
①で抜いた場所や、お顔の中にある代表的な経穴(ツボ)にAcuティック「入れる」を当て指で軽く叩打(気を入れるイメージで)します。
手順 2

③気を流す(イメージ)

先端が丸くなっている方を使用
②で気を入れた場所を中心として、気が流れるように(イメージ)Acuティック「流す」を軽く皮膚に接触させて気が流れるよう(イメージ)皮膚上をスライドしながら移動させます。
手順 3

④2本を用いて顔の形を造形します

先端が凹んでいる方と丸い方の2本を使用
2本を用いてお顔の部分部分の形を整えていきます。2本を用いることでストレッチも可能です。
手順 4

長さは約5.5㎝で素材はチタンを採用

1本は「抜き」専用、もう1本は「入れ」「流す」専用。
お肌に優しい素材や、お肌に優しいけれど効果が出やすい形状に設計しました。
特徴

小見出し

サンプル 太郎
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
VOICE

セルフケア(自宅で美容シン)

夜寝る前に1分半、顔の1日の疲れを取るために行い、朝ハリが出てお化粧ののりが良くなるように毎日行う事を推奨しています。

開発者プロフィール

岡西 裕幸

浮鍼Ⓡ大学堂鍼灸院 院長
(脳神経外科副院長 兼務)

世界中医薬学会連合会 理事
(肛腸病専門委員会2021~2026)
上海中医薬大学附属日本校 客員講師
中国国立上海中医薬大学大学院博士課程生
大阪府鍼灸師会準会員(大阪府内学校教員会員)

1990年(現)関西医療大学卒業
中国医学だけではなく西洋医学の重要性も認識。中国留学(1990~)経験、治療院勤務(~1993)経験、クリニック(~1996)勤務経験を地域の方の健康に役立てていきたいと1996年に開院。又臨床や経験を積んだ後、より高度な技術と知識を習得するために上海中医薬大学院に進学し医学修士号取得。現在臨床を中心に教育やクリニック内にて中医学と西洋医学との結合に力を入れ活動中。現在上海市中西医結合病院中医外科博士研究生。


東洋医学的刺激の様子
自宅で簡単セルフ東洋医学的刺激
エステティックサロンなどでお客様に
鍼灸院にて美容鍼灸施術として
表示したいテキスト

刺さない鍼てい鍼設計販売実績
(代表作以外300本以上所有)

陰陽てい鍼Ⓡ
三焦てい鍼Ⓡ
浮鍼Ⓡ(美容用)
上海てい鍼(治療用)
三宝てい鍼
(三本セット)
皮膚リリースⓇ
系てい鍼
陰陽てい鍼Ⓡ金銀銅
証問鍼シリーズ
唐辛鍼・刺楽てい鍼
純銀てい鍼シリーズ
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
クラウドファンディングページはこちらから

開発者Facebook、X、Instagram
(Instagramにデモ動画を公開中)